マイカーローンにかかる費用とは?

赤い車

マイカーローンを組む為の費用として挙げられるものが「支払い利息」です。

この支払い利息は、借入金を受けた場合は、貸主に支払わなければならない付随費用として発生します。

この支払い利息がかからないのは、利息はいらないと言ってお金を貸してくれる親族か友人位でしょう。

それ以外の金融機関でお金を借りた場合、この支払い利息というのは必ず発生してきます。

ではこの費用をいかに節約するか?というと、それは、利息の計算に使われる「年利」が低いところでお金を借りるということです。

今では、色んな金融機関が、マイカーローンを商品として提供しています。

メガバンクはもちろんのこと、ネットバンキングでもこのサービスを提供していますし、地方銀行、信用金庫、共済などが扱っています。

 

借入先はいろいろあるよ

それ以外に、会社で貸付制度を持っている企業もあります。

従業員向け貸付制度のメリットとしては、金利が安いということと、給料から返済額が差し引かれていくので、支払いの管理が楽というメリットがあります。

様々なところで提供されているマイカーローンですが、各金融機関では、金利を下げるキャンペーンを実施しているところもたくさんあります。

口座開設+預け入れで割引とか、銀行と提携しているクレジットカードを新規作成で割引とか、その内容は様々です。

どれも、そんなにハードルの高いものではありません。

まずは、情報をたくさん収集して、何が一番自分にとってお得か探ってみるのもひとつの方法かもしれません。

 

自動車ローンは金利比較をして決める

マイカーローン金利比較

自動車を購入するためにローンを組む際、購入先のディーラーにすすめられるがまま、ディーラー系の自動車ローンを組んでしまう方は少なくありません。

しかし、一般的にディーラー系のローンは金利が高いため、なにも考えずに決めてしまうと損をしてしまう可能性があります。

特に自動車は高額ですので、金利が1%違うだけでも返済額にはかなりの違いが出てきます。

ですので、出来るだけ、金利負担を減らしたいのであれば金利の低いローンを選ぶことが必要なのです。

 

おすすめは銀行マイカーローン

では、自動車ローンの金利負担を考えるのであれば、どのようなローンがいいのかというと、おすすめなのは銀行系のローンです。

銀行系はディーラー系のローンに比べると審査は厳しいのですが、低金利のところが多いため、まず考えるべき選択肢といえるのです。

また今はネット銀行も増えています。

金利競争も激しくなっているため、返済シミュレーションをたてて複数の銀行の金利比較をしていくことでお得な自動車ローンを組むことができるはずです。

また一部銀行では来店不要でインターネット上から24時間いつでも契約手続きができるようなサービスが整っているところもあります。

時間がない方でも契約をすることが可能というメリットもあります。

時間的な余裕がないという方は金利だけではなく、そうした点も踏まえて比較するとよいでしょう。

このようなことから、自動車ローンを選ぶ際には、まず銀行系の金利比較をして、万一、審査に通らなかった場合にディーラー系を考えていくのが損をしないための秘訣なのです。

 

マイカーローンの為に融資を受ける

マイカーローン融資

今は一家に一台と言う事ではなく、一人に一台と言う位には車社会になっています。

生活基盤が安定してきているのかマイカーローンを組み人も増えてきています。

会社へ行くのに・買い物に行くのに・学校への送迎等色々な理由や使い道が有ります。

車や家等は大きな買い物になります。

あまり金額の安い物になると、後のメンテナンスで費用がかかったり、車の場合には命に直接かかわる危険性も出てきます。

中古車でも年式などの確認が必要になってきます。

そうなると有る程度の金額が必要になってきます。

 

マイカーローンの融資で資金調達

一括で払う事に対して生活資金の調整がつかない場合には、マイカーローン等の融資を得る事を必要とします。

融資を受けるには審査が必要になりますが、収入が安定して居たり、他社の色んなローンが無い等の条件で有れば、マイカーローンを組む事が出来ると思います。

信用機関や信販会社・銀行等の金融機関も有りますが、消費者金融会社からもお金を借りる事が出来ます。

しかし借りた金額が多ければ、返済する金額も増えてきます。

支払い回数や金額など、返済に伴う事も考えて、必要以上の融資を得ることは控えて置くべきだと言えます。

借りたお金の返済で毎月の支払に追われる・生活の余裕がなくなる等の基盤を壊す事の無い様にしていくべきだと言えます。

多少の自己資金を用意した上でゆとりのある返済計画を立てた上でお金を借りていくべきだと言えます。

それまで車の購入を控えて置くのもまた一つの案だと言えると思います。